うさぎの花屋は、山陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)にある常設コーナーです。

    

 

マミフラワーで育った

2人のデザイナー大槻順子と黒河内康子が、

山陽フラワーミュージアム(旧姓 千葉市花の美術館)に

展示コーナーとしてうさぎの花屋を2013年4月オープンしました。

 

生活の中でもっとお花をに楽しむ方法を子どもから大人まで幅広く伝える提案型花屋です

 

店内はちょっとオシャレなホットする空間です。

新年 春 夏 秋 クリスマス

季節ごとに入れ替えて展示しています。

  

2016年お正月

1月5日から新しいディスプレーになります。

店長ののデージーも着物でお出迎えです。

2015年クリスマス

2015年秋のデザイン

秋のデザインは、沢山のキノコの登場です。

フラワーミュージアム全体が和のデザインになりました。

それに合わせてうさぎの花屋も和風にしてみました。

2015年夏のデザイン

エーゲ海の白い家々青い海に沢山の船

うさぎの花屋も夏満開です。

2015年初夏のガーデニング

バルーンに乗ってきた花は、あちこちに根を下ろしました。

2015年春のデザイン

たくさんの鳥達が春の訪れをつげにきました。

2015年春を待つ

2015年のお正月

バルーンに乗ってお花を運んできました。

新しい年明け・良いこと・美しい物・楽しい事がいっぱいきますように。

2014年度新年度のレイアウト

新しい年と冬のレイアウト
新しい年と冬のレイアウト

2013年度クリスマス

クリスマス デザイン
クリスマス デザイン

オープニングのバラのデザイン

オープンはバラをテーマに優しいピンクのイメージでレイアウトしています

オープンのご挨拶 画像1
オープンのご挨拶画像2

大槻順子 <yoriko8787@friend.ocn.ne.jp>

 黒河内康子

<aoba@aobadai-f.com>